アクセスランキング

2006年04月18日

LOVE PSYCHEDELICO III/LOVE PSYCHEDELICO

LOVE PSYCHEDELICO /Everybody needs somebody
おすすめ度 :
コメント:2004年の段階で何をロックと定義するかはナンセンスだが、DNAに8ビートのタイム感やエレクトリックギターの本物の鳴りというものを持ったミュージシャンがいるとしたら、LOVE PSYCHEDELICO のKUMIとNAOKIはそういう“人種”だ。2ndアルバムから2年1カ月ぶりの3rdオリジナル・フルアルバム。その間、シングル「裸の王様」などのリリースはあったものの、表だった露出はなかった彼女たちのフォロワーは結局登場しなかった――というか登場しえなかっただろう。

今まで以上に一つひとつの楽器の音が人格を持ち、エロスを醸し出している。KUMIの多声にしたヴォーカルが印象的な「all overlove」や、神話的な「neverland」、映画『ホテル ビーナス』主題歌でもある「Everybodyneeds somebody」でのグラムっぽい弦のアレンジなど、細部まで徹底した出来だ。


おすすめ曲:6.I am waiting for you

THE GREATEST HITS/LOVE PSYCHEDELICO

THE GREATEST HITS
CD
LOVE PSYCHEDELICO
ビクターエンタテインメント
平均評価:評価:5.0


インディーズ時代から注目を集めていた男女2人のユニットによるファーストアルバム。ロック、ブルース、カントリー、エレクトリック、アコースティック、デジタルそしてアナログまで、アレンジは実に幅広いジャンルを網羅。
1曲ごとに、新しい扉を開くような勢いを感じる。<3>は耳に残るノスタルジックなフレーズと、ソウルフルなのびのあるKUMIのヴォーカルを中心に、ずっしりとくるグルーヴを楽しませてくれる。英語と日本語の詞が絶妙にミックスされた詞の世界が心地よい。

おすすめ曲:1.LADY MADONNA~憂鬱なるスパイダー~、2.Your Song

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。